太田記念館

「東京都太田記念館」は、中国の人々と親交の深かった故太田宇之助氏が、日中友好に役立ててもらいたいと東京都に寄贈した土地に東京都が建設した、留学生のための宿舎です。現在は北京市のほか、アジア諸都市出身の留学生を受け入れています。(所管:東京都生活文化局)

東京都太田記念館の、平成29年度(2017年)4月1日入居の新寮生の募集は終了しました。次回の募集に関しては、管理事務所にお問合せ下さい。

太田記念館の概要

住所 東京都杉並区久我山2-16-14 〒168-0082
電話03-3333-6311 FAX03-3334-4047

最寄り駅 京王井の頭線 久我山駅 (駅より徒歩3分)

土地面積 2,708平方メートル(820坪)
建築面積 1,045平方メートル(317坪)
延床面積 1,894平方メートル(535坪)
設計 林・山田・中原設計同人(林雅子)
個室数 41室
入居資格 北京、バンコック、デリー(準州)、ハノイ、ジャカルタ、クアラ・ルンプール、マニラ(首都圏)、シンガポール、ソウル、台北、ヤンゴン、の出身者
個室利用寮 月額30,000円
光熱水費 個別メーターにより各自が負担(電気・水道・給湯)